ラジオフライヤーワゴン 前後輪シャフト タイヤ寸法 

ラジオフライヤーは、カスタムして楽しんでいる方が沢山います。
小さなステッカーを貼っただけでも、自分のラジオフライヤーが愛しく思えてきますよ。
WEB上にも、『ここまでやるか』と思うものも沢山あります。
色々なラジオフライヤーを参考に自分だけのラジオフライヤーを作り上げてください。その際はお子さんと一緒にいじってください。共同作業の楽しさや工具の使い方なども自然に覚えていきますので。もちろん、夜中に一人いじくるのを否定すろものではありません(これも楽しい!)

ラジフラ カスタムへの道
では、改造に関する情報を書いていきます。が順不同、寸法図のみなどもあるとおもいます。空想してください。いつか役に立つときがあるかもしれませんので。
機械や道具のある人はご自分で、道具などの無い人も知恵とホームセンターで何とかしてください。。どうしても駄目なときは当工房も応援させて頂きます。

今回は以前に撮った、ラジオフライヤーワゴンの前輪シャフト及び後輪シャフトの寸法を載せておきます。
シャフトの全長の長いものはラジオフライヤーワゴンのATW系(エアータイヤ)の使われ
短いものは#93B、#18、#22等に使われているものです。

ラジオフライヤーワゴン前輪シャフト

#22と書いてあるのは、#22W(エアータイヤ)の間違えです。

ラジオフライヤーワゴン後輪シャフト

タイヤが入る部分が、97mmと73mmですが、実際にはステーが入るのでそれぞれ7mm位マイナスされ、90mmと66mmで前輪側と同じような寸法になりました。

 後輪シャフト画像のΦ12.7、穴ありは切断時の変形があるので、13mm程になるものもあります。最近はムクが多いので極端な変形はみつかっていません。

ラジオフライヤーワゴン エアータイヤ

ATW系ワゴンのエアータイヤ
ハブ不可はアルミハブキャップは使用できないと言うことです。
ノーマルハブキャップ及びドーナツハブキャップはつかえます。

ラジオフライヤー#18#93BYタイヤ

それぞれのタイヤの車軸部分の幅は、約51mmとおもってください。

見にくいマンガ図やたいやの軸幅で、どのような寸法のものが使えるかわかって頂けましたか。

 

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: カートタイヤ装着(ワゴン), ラジオフライヤー カスタムへの道 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です